アラフィフぴーちゃんのるんるん日記♪

私のとりとめのない日常を綴っております。20歳年下の彼氏とのやりとり、お片付けの話し、大好きな映画や本の話し、などなど。

Dec/17th/2020 年下彼氏の怒りん坊ぶりが酷い!

 

 

 

 

 

こんにちは。

私、ぴーちゃん。

 

 

 

私は今年の1月にまるちゃんに会い、

2月の半ばに付き合い始め、

6月から一緒に住み始めた。

 

うおー、同棲初めてから、もう半年??

まぁ、ほとんど通い同棲してたから、

ほぼ1年ですわ。

 

まるちゃんは今30歳。私は今月50歳になった。

20歳の差はあるが、彼はとてもよくできた人で、

私の方が甘えている率が非常に高かった。

 

・・そう、最初はね!

 

最近、彼の怒りん坊ぶりがひどいのだ。

しかも相変わらず私の持ち物を勝手に捨てるところは変わっていない。

勿論、そういう時は私が自前の般若のお面で激怒するのだが。

 

 

今日も、何かのきっかけで彼が怒り出した。

そんで、結構ねちねちねちねちねちした感じで、

私としては「はよ、機嫌なおせや!」ってカンジだった。

 

夕方、私がヨガから帰宅。しかし、「おかえり」の声は

やっぱりまだ、どんよりした感じ。

そんな風に「おかえり」を言われたら、

こっちまで暗くなるというものだ!

 

夕飯を作り始めたら、

まるちゃんはヨガのオンラインレッスンを受け始めた。

「受けるなら受けるって言ってよ!」と言うと、

「こんなに早く作り始めると思ってなかった」だと。

 

 

おいおいおい!!

だったら、冷蔵庫開けて食材の準備始めた時に言わんかい!

しかも今20時ちょい過ぎだぞ??

 

 

結局、夕飯を途中まで作って、

レッスンが終わってから最後の仕上げをして食卓に出した。

 

先に作って食べたろうか!?(# ゚Д゚)

とも思ったが、それはさすがに大人げないと思いやめた私。

 

食事のとき、まるちゃんに「私はあなたより確実に早く死ぬの。一緒にいる時間はそんなに長くないから、なるべく笑って過ごしていたいと思ってるからさ。そんなにプンプンしないでおくれ」と言った。

 

その言葉が彼に届いたか届いてないかは、さておき、

今日は「情熱大陸」の録画で気を紛らわせながら、夕飯をいただいた。

 

食後、キッチンリセットしてから、私は自室に戻ろうとした。

 

すると、「もう少し一緒にいて」と彼の膝の上に座るよう抱き寄せられた。

きゅんきゅんきゅーん( *´艸`)

 

こういうことするんだよなー、うちのまるちゃんは!

多少怒りん坊でも、許してやるとするか!

 

ってか、今日、何で喧嘩したのか、全く覚えてない。

私がいくらオバチャンでも、これはいかんな。

 

・・・ま、いっか(*´▽`*)

 

 

 

 ぽちっとして頂けると嬉しいです♪

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村